通関手続きについて

税関で商品が保留された場合には輸出側である当社には連絡がありませんので、税関から通知ハガキの届いた場合には「受取人記載欄」に「差出人へ返送」と明記して返信(投函)してください。当社には記載されている「通知番号」と保留商品の「商品名と個数」を必ずご連絡ください。個人輸入手続きはお客様が自身でクリアするのには必要書類が多く時間も経費もかかってしまいますし、提出書類の中に「日本の獣医師の処方箋」が含まれているので海外からでは書類を揃えることが出来ません。

そのために私達では商品の返送確認後(約2ヶ月後)、商品を再発送することで対応させていただいております。(再発送を希望されないお客様には、返送商品到着確認後に返金をさせていただきます。この際には送料を差し引いた商品代金のみの返金となります。)

? なお、お申し込みや税関からの通知のタイミングなど場合によっては商品の到着がカードの決済日以降になってしまうことも考えられますので、早めのご連絡をお願いいたします。 ? 複数の商品をお申し込みになり、その一部が税関で保留になった場合、保留になった商品分を再発送させていただきます。

農水省はなぜフィラリア予防薬の個人輸入規制を行うのか?(外部リンク)
フィラリア予防薬などの個人輸入は違法ではありません。(ただし、個人輸入したものを第三者に販売したり授与したりすることは違法行為になります。)。